父の日のプレゼントに最適〜愛好者がおすすめする人気の作務衣・甚平

贈り物
この記事は約6分で読めます。




この記事を書いた人
はじ丸(Kazuo Ando)

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2017年後半から仕事の合間を縫ってブログ運営を始めました。

フォローする

 

こんにちは、作務衣愛好者のはじ丸(@hajimaru2017)です。

外出は決まって作務衣。
その上にヘアスタイルが坊主頭なものですから、お墓参りに行くとご住職に間違えられ手を合わせて挨拶されることもしばしばです。←ホント

 

友人たちはミャンマーの僧みたいだとか生臭坊主だとか言いたい放題ですが、作務衣は一度着出すともう手放せなくなるほど魅力に溢れています。

上の写真は、最近買ったばかりの夏用作務衣です。

作務衣独特の風合いを伝えたくて撮ったんですけど、たたむのが下手ですいません。

スポンサーリンク

作務衣のメリット

作務衣を愛好し始めて3年ほど経ちます。
思いつく限りのメリットをご紹介します。

 

1年を通して着ることができる

和装の代表といえば着物ですが、少し敷居が高いですよね。
手軽なところでは甚平もありますが、甚平は夏限定です。

作務衣は、通年用、春夏用、秋冬用と季節ごとにバリエーションがあり、1年を通して着ることができます。

 

家で洗える

着物は、家で洗うことはできません。
クリーニングに出すと目ん玉が飛び出すほど高額になります。

作務衣はというと、普通に家で洗えます。
これは助かります。

 

組み合わせなどを考える必要がない

ご存知だと思いますが、作務衣は上下でワンセットです。

出かける前にあれこれ組み合わせを考える必要がないというのは、管理人のような着無精には大助かりです。

 

少々のサイズ変わりは平気

昔のがどんなだったのかは知りません。

管理人が愛用している作務衣は、ズボンのウエストはゴム。
前部分はファスナーとボタン。

ウエストサイズが5cmくらい増減しても全く問題なく穿けます。

 

種類が豊富

カラーバリエーションから生地まで、ラインアップがとにかく豊富。

上に書いた各季節用に加え、男性用、女性用に分かれていますので、選び放題です。

 

動きやすい

クリーニング代といい、着物のデメリットがそのままメリットになっている感じですが、着物に比べて格段に動きやすくなります。

きつめのGパンより動きやすいです。

 

個性的なのに浮かない

作務衣のイメージといえば、尼さん?ご住職?師匠(笑)?

とにかく個性的です。
でも、3年愛用してあちらこちら行ってみて感じるのは、思うほど目立ちません。

愛用した当初、もっと浮くかと考えていたのですが全然。
日本だからでしょうか。

 

普段でも、よそ行きでも使える

どこに着て行っても馴染みます。
管理人は、仕事や買い物はもちろん、パーティーにも着ていきます。

この万能さは特筆ものでしょう。

 

作務衣のデメリット

他の人はどう感じてるのだろうと、「作務衣 デメリット」で検索してみましたがヒットしませんでした。

強いて言えば、目立つ。

目立つのが嫌な人には不向きかもしれません。

ただ自分が気にしているほど、他人はこちらのことなんて見ていませんから、気にすることはありません。笑

 

おすすめの作務衣専門店

3年の間に、あちらこちらの店で購入しました。

3千円くらいのものもあります。
あまり安すぎるのはおすすめしません。
すぐダメになります。

安物買いの銭失いとはよく言ったもので、作務衣はまさにその通りでした。
いい値段した割に、失敗したものもありました。
店名は書きませんけど。

試行錯誤の末、昨年出会ったお店「和粋庵(わすいあん)」。

奥が管理人への誕生日プレゼントで選んでくれた作務衣。
その作務衣があまりにも素晴らしく、そのお店が和粋庵でした。
よく見つけてくれたものです。

それからというもの、作務衣はここでしか買わなくなりました。

 

2018年3月23日追記

Amazonでお得なチャージキャンペーン(2018年版)が始まってるので、これを利用すれば1,000円浮きます!
これ icon-hand-o-right  Amazonチャージ購入で1000ポイントキャンペーン〜手続きに要注意! | はじまる.com

 

価格帯は1万円〜ですが、3万円の高級品もあります。

3万円で高級品というと怒られるでしょうか。
市販で高いものは10万円を超えるものがいっぱいです。

でもここの3万円の品は、遜色ないと思います。
管理人はほぼ1万円代のものしか買いませんが。笑

奥が買ってくれたものが、唯一3万円台です。
素晴らしい。ありがとう。

買うたびにこんなのが同封されてきます。

 

有効期限がありますが、2千円引きクーポン。

意外とこれにやられてしまいますが、楽天のレビューを見たら、そのコストパフォーマンスの良さがわかります。

レビュー630件で4,69!

これはものすごい数字です。
ある意味、サイトを見るだけで、マーケティング的にとても勉強になります。

一緒に送りたい雪駄

作務衣を着るときの足元に必要な雪駄。

これも色々履いてきましたが、千円台のものいっぱいあります。
ですが、安物を履くとすぐ足が痛くなってきたり、壊れたり、こちらも安物買いの銭失いになってしまいます。

せめて5千円以上のものから選ぶのがベストです。

管理人が履いているのはこれ。

 

いよいよ和尚さんみたいですが、和粋庵には他にもおしゃれなものがあります。

まとめ

自分で着るのに買うのもいいのですが、プレゼントにすると喜ばれること請け合いです。

特に初めて着るときは、何かきっかけがないと踏み切れない場合があります。

特に、敬老の日、父の日、母の日、誕生日などのプレゼントに最適ではないでしょうか。

一度贈ると「来年も作務衣を」と言われる確率はかなり高いはずです。

着てみると実感できます。

作務衣、おすすめです。

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。
記事が少しでもお役に立ちましたなら、
下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸