災害時の車中泊にあると便利なグッズ〜パソコン充電からベッド&ポケットwifi

車中泊
この記事は約8分で読めます。




この記事を書いた人
はじ丸(Kazuo Ando)

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2017年後半から仕事の合間を縫ってブログ運営を始めました。

フォローする

 

こんにちは、はじ丸(@hajimaru2017)です。

いつかは本格キャンピングカーで日本一周をするのが夢ですが、別に本格キャンピングカーじゃなくても十分楽しめることがわかってきました。

最近は道の駅やSAの充実具合もすごいですしね。

🔜   車中泊で初めて行った広島の小谷SA〜夜中に見た恐ろしい光景

車中泊で行った広島の小谷SA(ドッグラン併設)〜夜中の恐ろしい光景
島根県への野暮用ついでに、唯一の趣味と言っていい”愛犬と車中泊”をしてきました。 先日、余命宣告を受け闘病していた愛犬が旅立ったのですが、闘病中は一切出かけませんでしたので数ヶ月ぶりのお出かけです。 残った愛犬たちもすっかりシニアですが、まだまだ元気。 みんな(管理人夫婦を含めて)元気なうちに、いっぱい思い出を作っておかないといけませんからね。 車中泊と言ってもキャンピングカーのような本格的なものでな

 

車中泊を始めて1年。

車中泊だけでなく、災害時なども活躍してくれるに違いない、車の中に置いてあるもので特に重宝しているものをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

車の中で快適に寝るために

現在、管理人が乗っているのはこれです。

 

日産キャラバンNV350プレミアムGX。
普段は仕事で使っています。

 

車中泊に出かける時は、後ろに付けたマルチウェイベッドキットをパタンパタン開きこんな感じにして、出かけます。

 

大型犬が2匹いるものですから、寝る時はとにかく広いスペースを確保しないといけません。

そのために色々吟味した結果のこのベッド。
思っていた以上に快適で、管理人夫婦にとって完璧でした。これ↓

 

ベッドをセットした状態で、運転席、助手席、後部座席をリクライニングすると、車内がフルフラットになります。

 

これが想定以上の広さでした。

大型犬2匹と管理人(デブ)と奥(標準体型)が余裕で寝ることができます。
夜は車内で灯をつけると、外から車内が丸見えになりますから、窓に目隠しを設置しました。

吸盤で貼るだけのタイプです。
寝る時はフロントガラスにもつけます。

上の写真で両サイドについているのがそれです。これ↓

 

エアコンの効きが全然違うので、普段も左後部座席側だけを外して、その他は付けたままにしています。

乗用車タイプもあり、車種ごとに揃っています。
断熱効果、バッチリですよ。

車の中でノートパソコンを使う

仕事にしろ、3つのブログにしろ、パソコンは手放せません。
仕事でも1日中車に乗っている日も多く、車中泊に限らず、普段からちょっとした隙間時間に車の中でパッと作業ができる環境にしています。

何より、車の中で作業する方が集中できます。

車載用マルチテーブル

使っているのはこれ。

 

ハンドルに引っ掛けるタイプの簡易テーブルです。

 

右側に引き出しタイプのトレーが付いています。
マウスで作業するのに慣れているので、これは便利です。

 

ただ、乗用車だと横幅の関係で少ししか引き出せないかも知れません。

これです。↓

 

3WAYインバーター

パソコンを充電できるモバイルバッテリーもありますが、まだまだ重く大きくて持ち運びも大変。

車にサブバッテリーシステムを導入すれば、エンジンを切って電子レンジやエアコンも使えるくらい強力で最高なのですが、これがウン十万円と高額なんです。

そこで手放せなくなったのがこれ。
インバーターです。

 

車の電源DC12Vを家庭用電源100Vに変換してくれます。
車についているシガーソケットに差し込むだけでいいという手軽さで、コンセントを差し込めばパソコンの充電なんて楽々こなしてくれます。

足元に置いているのでわかりにくいですが、パソコンの充電中です。

 

管理人の「Macbook air」だと、バッテリー残5%で充電を始めて、車を走らせながら2時間弱で100%充電が完了します。

家で充電するのとほとんど同じスピードです。
定格出力400w、最大出力600wとなっていますが、調べましたらドライヤーや電子レンジなど、明らかに消費電力の高いものを除けば、ほとんどの家庭電化製品が使えます。

ちなみにノートパソコンは30〜50wくらいです。
楽勝ですね。

ただ600wフルに性能を引き出そうと思うと、バッテリーに直でつなぐ必要があります。
ケーブルも同梱されているので、簡単ですが管理人はまだシガーソケットしか使っていません。

パソコンの充電など普段使いにはシガーソケットで十分。
ただ、エンジンは切れません。
エンジンをかけた状態でないと、バッテリーがあがります。

車中泊もそうですが、緊急災害時には間違いなく大活躍します。
価格もお手ごろ。
使っているのはこれ↓

 

断線に強いライトニングケーブル

車の中でスマホやタブレットを充電する時、引っ張ったり挟んだりが多く、明らかに家で充電するよりケーブルが断線しやすくなります。

そこで買ったのがこれ。

 

ケーブルが平べったくなってます。
これだけで強いこと。

 

家用と分けて、車の中につけっぱなしにしています。
そうそう、上で紹介したインバーターにUSBの差込口もついています。

ネット環境

ポケットwifiは、「WiMAX 2+ WX03」を愛用しています。

テレビでもCMがバンバン流れてるこれ→ 【BroadWiMAX】業界最安値2,726円!

 

使い放題ですから安心して使えます。
以前は7GBまでのタイプを使っていたのですが、上限に気を使わず使えるのは素晴らしいですね。

しかも前のより安くて速いという。
エリアも拡大していってますし、機種のラインアップもおしゃれになってますねぇ。

管理人のスマホはソフトバンクなんですが、5GBで制限がかかる契約にしています。
5GBなのでたまに制限がかかってしまっていたんですよね。

あれ、制限がかかると使えたものじゃないですね。
ストレスがすごい。

で、このポケットwifiにしてからほぼwifiで使うようにしたところ、5GBどころか3GBも使わなくなって余るようになりました。

余るとその分は翌月に持ち越しされるので、いざという時に助かります。

いやぁ、無制限はありがたい。
とにかく進化がすごいです。↓

🔜 【BroadWiMAX】業界最安値2,726円! 

2018年1月28日追記

車中泊仕様も進化させて見ました。。
こちらの記事で詳しく書いています。↓

これ  【車中泊】キャラバンNV350を10万円でキャンピングカー仕様にしてみた

【車中泊】キャラバンNV350を予算10万円でキャンピングカー仕様にしてみた
キャンピングカーの素晴らしさがよくわかりました。 愛車を簡単に・・・ 目次 キャンピングカーで役立ったもの ⒈サブバッテリーシステム ⒉冷蔵庫と暖房 ⒊家庭用サイズのテレビ ⒋テーブル サブバッテリーシステムの代わり 冷蔵庫の代わり 暖房の代わり 家庭用サイズのテレビの代わり モニターを購入 地上デジタルテレビチューナーを購入 テーブルをセット ベッド仕様

まとめ

ブログも、車の中で外の空気を感じながら書くと筆が進みますので、パソコンを使える環境があるととても便利です。

でもここで紹介したグッズのメリットを感じるのは、やはり災害時でしょう。

必要になる時が来ないに越したことはありませんが、備えとして上記の他に非常食や水も積んでいます。

そうするだけで、思っていた以上の安心感があります。

乗用車だと積んでおけるグッズはある程度制限されますが、インバーターが大活躍するのは間違いありません。

備えあれば憂いなし。
もしもの時のためにも、ぜひ。

 

追記:車中泊ブログもやっています。

これ  車中泊.LOVE

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。
記事が少しでもお役に立ちましたなら、
下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸