スポンサーリンク

【レビュー】愛犬と飛騨高山の旅〜高山わんわんパラダイスホテルに行ってきた

出かける
この記事は約7分で読めます。




この記事を書いた人
はじ丸(Kazuo Ando)

ドッグサロン、トリミングスクール経営。「愛犬と幸せ家族になる方法〜PHP文庫」著者。大学・通信教育系企業でペットビジネス関連講座を担当しています。YouTubeで車中泊に特化した「はじまるちゃんねる」運営。キャンピングカーで妻と愛犬と共に旅することが生きがいです。

フォローする

 

こんにちは、はじ丸(@hajimaru2017)です。

ペット関連のあれこれを生業としている管理人は、愛犬と行くバスツアーの主宰もしています。

今回は愛犬と泊まることができる数あるホテルの中でも人気で、この頃は予約も取りにくい名ホテル 「高山わんわんパラダイスホテル」へ行ってきました。

初めて行った高山わんパラの、愛犬家目線レビューです。

大阪から高山わんパラまでのルート

アクセス1〜車の場合

東京から

  • 東京(首都高速・中央自動車道・長野自動車道) ⇒ 松本IC ⇒ 国道158号(安房トンネル) ⇒ ホテル

名古屋から

  • 名古屋(東名・名神自動車道) ⇒ 一宮JCT(東海北陸道) ⇒ 飛騨清美IC(中部縦貫自動車道) ⇒ 高山IC ⇒ 国道158号 ⇒ ホテル

大阪から

  • 大阪(名神自動車道) ⇒ 一宮JCT(東海北陸道) ⇒ 飛騨清美IC(中部縦貫自動車道) ⇒ 高山IC ⇒ 国道158号 ⇒ ホテル

管理人は大阪からです。
目的地のわんわんパラダイスまで休憩しながら行って5時間ほどでした。↓

グーグルマップで見る

 

アクセス2〜電車の場合

東京から

  • JR新宿駅(特急あずさ約2時間30分 往復13,400円)⇒JR松本駅乗り換え(所要時間15分)⇒松本バスターミナル(高速バス約90分 4,740円※往復乗車券割引有)⇒平湯バスターミナル(高山駅行き 約11分 片道440円)⇒「久手高原」バス停下車すぐ⇒高山わんわんパラダイスホテル

名古屋・大阪から

  • JR新大阪駅(東海道新幹線約1時間 往復12,720円)⇒JR名古屋駅
    (高山線特急約2時間30分 往復11,660円)⇒JR高山駅(路線バス新穂高行き 約50分 往復2,600円)⇒ 「久手高原」バス停下車すぐ⇒高山わんわんパラダイスホテル

アクセス3〜バスの場合

東京から

所要時間 約4時間30分
料金 新宿⇔平湯バスターミナル 往復10,550円
備考 新宿南口 バスタ新宿4F<Cエリア>⇒高山行き⇒諏訪SA休憩⇒平湯バスターミナル⇒久手高原バス停下車

名古屋から

所要時間 約2時間30分
料金 名古屋⇔高山 往復5,140円

大阪から

所要時間 約5時間30分
料金 大阪⇔高山 往復9,400円
備考 近鉄難波駅西口(OCAビル)発大阪駅前(東梅田)経由高山行き

口コミ通りの高山わんわんパラダイスホテル

玄関を入ると、まずシャンデリアに驚きました。

 

大正ロマンを彷彿とさせる館内デザイン。
ロビーのすぐ隣に室内ドッグランがあるのですが、そこにまでシャンデリア。笑

 

この豪華さは、おそらくバブル時代にオープンしたホテルを買い取り、愛犬家専用にリニューアルしたに違いありません。(管理人の想像ですけど)

夕食

チェックインしたのが予定より遅くなったので、まずは夕食。

 

夕食は飛騨懐石のコースにしました。
これでもかというくらい、出てきます。

 

もちろん、わんこ用のメニューもあります。

 

飛騨牛のあぶり、60gで1,500円。
高いか安いかはご自身でご判断ください。

頼まれていたお客様がいらっしゃいました。すごいなぁ。
”ほぐしささみ”なら360円。
うちの愛犬にはそれでいいです。笑

あ、もちろん席も愛犬と一緒です。
リードフックも各席に付いていました。

 

さすが、愛犬家専用ホテルですね。

設備と注意事項

部屋に入るとまず玄関にフードボウルと替えのペットシーツとコロコロ。

 

なんと空気清浄機が設置されていました。
これポイント高いかも。

 

テレビの横にはペットシーツをセット済みのトレイ。

 

もちろん同じ部屋でわんこと過ごすわけですが、ベッドには上げないでくださいとのこと。

もし上がって一緒に寝たとして、というか一緒に寝られる人が多いと思われますが、ベッドの上で粗相をした場合はクリーニング代が別途3千円かかります。

あくまでも自己申告制ですが、この時もツアーのお客様が2組、申告して支払われていました。
大事なことだと思います。

部屋の冷蔵庫には何も入っていません。
もし部屋で飲食する時は持ち込みましょう。

ワインを持ち込んだのですが、オープナーを忘れました。
内線電話でお願いしたら、すぐに氷と一緒に持ってきてくれました。

ホテルスタッフの皆さん、とても親切です。
こういう対応をされると、心の中で評価がグングン上がります。

夜遅くまで、ツアースタッフでその日の反省会という名の呑み会をしたのは言うまでもありません。

 

部屋全体の写真を撮り忘れたので、ホテルのホームページから拝借。

 

部屋はこの写真のまんまでした。
管理人の泊まったこのタイプが一番狭い部屋のようです。

口コミ通りの素晴らしいホテルですね。

ホテル周辺環境

ホテルの周辺環境、これこそが高山わんわんパラダイスが大人気の理由だとすぐわかりました。

ホテルをぐるっと回るように、大自然の中の遊歩道が作られています。

 

ホテルの隣には個室貸切風呂。

 

部屋の中にも内風呂はついていますが、こちらは温泉です。

家族風呂ですね。
わんこも一緒に入れる個室風呂もあります。(別途2千円ほど)

その隣に広大なドッグラン。

 

さらにその横には、貸切コテージ棟。

 

駐車場には電気自動車のスタンドも装備。

 

そして一番驚いたのがこれ。

 

なんと、敷地の中に川が流れています。
ほんとに綺麗で透き通っていて、まさに清流。

 

なんだこれは。感動。
次は仕事じゃなく家族で来たい、心からそう思いました。



周辺の観光地

お客様をご案内するということで、観光地も回りました。

飛騨高山といえば世界遺産の白川郷。
展望台からの眺めは圧巻です。

 

愛犬との散歩にも最適。
すっかり秋の風情でした。

 

飛騨大鍾乳洞がホテルから車で15分ほどのところにあります。

 

もちろん愛犬も一緒に入れます。
入れますが覚悟していってください。

 

修行か!とツッコミたくなるくらい急勾配で長い。
クタクタになります。

超絶おすすめランチ

旅行会社の友人が見つけてくれたのです。

ランチをするならぜひ飛騨琢磨へ。

 

本格的な飛騨牛懐石の店ですが、わんこOKです。

この日は無理を言って30名で特別に貸切させてもらいました。
通常わんこスペースは2席(6名様分)しかありませんので要予約です。

 

吠える子は出て行ってもらいますとホームページに明記されているとおり、なかなかの頑固オヤジの店です。

大将は一見怖そうですが、話をすると大の犬好きでとてもいい人でした。

食べたのは、飛騨牛朴葉味噌焼膳、2,400円。

 

こだわりの味噌でいただく飛騨牛、抜群でした。

 

ブログ記事のまとめ

行ってみて実感しましたが、施設が充実しているので、15時にチェックインして、チェックアウトギリギリの10時までホテルで遊ぶのがおすすめです。

人と犬が共有できる、いたせりつくせりの癒し空間がそこにありました。

価格もリーズナブルなんです。
管理人達が食べた飛騨懐石コースを選んでも、1泊2食付きで12,000〜。↓

🔜   高山わんわんパラダイスホテル

 

 

愛犬との思い出作りに最高のホテル。
人も愛犬も笑顔で溢れることはまちがいありません。

愛犬家の皆さん、ぜひ一度泊まってみてください。

超おすすめです。

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。
記事が少しでもお役に立ちましたなら、
下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸