ペットOKキャンピングカーレンタルを利用して大阪から九州へ旅をしてみた〜その4(まとめ)

出かける
この記事は約7分で読めます。




この記事を書いた人
はじ丸(Kazuo Ando)

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2017年からブログ運営、2019年からYouTubeチャンネルを始めました。

フォローする

 

こんにちは、はじ丸(@hajimaru2017)です。

キャンピングカー旅の最終章その4まとめです。

🔜  ペットOKキャンピングカーレンタルを利用して〜その1

🔜  ペットOKキャンピングカーレンタルを利用して〜その2

🔜  ペットOKキャンピングカーレンタルを利用して〜その3

5日目福山から鳴門へ

いよいよ最終日です。
少しだけ距離が長くなりますが、瀬戸大橋で四国へ渡り、大鳴門橋〜淡路島〜明石海峡大橋経由で大阪へ帰ることにしました。

その理由は・・・ジャジャーン。

 

かき焼き うちの海

牡蠣無制限食べ放題90分。
料金がなんと1人2500円(小学生は半額、幼児500円、3歳以下無料)

 

何がすごいって、お酒・食材・おつまみ・薬味など持込み何でもOKなんですよ。
つまり正真正銘2500円ポッキリで楽しめるということ。

牡蠣をシャベルで掬って

 

目の前の鉄板にザザーッと。

 

天井から吊るされた蓋が電動でウイーン

 

と降りて来てガシャーン。

 

待つこと15分。

 

蒸しあがりました。
あとはひたすら食べるのみ。

 

どうですか、このプリプリ感。
車の中に調味料いっぱい積んでいたのを持って来ました。

 

シンプルにポン酢と七味。
それが一番好きです。

食べた牡蠣殻が、足元のバケツにドンドン山のように積み上がっていきます。

 

食った食った。
毎年11月1日〜3月31日までの期間限定営業していることを去年知って、すでに5回目。

牡蠣好きにはたまらん店です。
目の前が駐車場になってます。(30台可能)

 

超超オススメ。
人気店で完全予約制です。↓

かき焼 うちの海
かき焼 うちの海
ジャンル:焼カキ
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道鳴門北I.C. 車5分
住所:〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛243-1(地図
姉妹店:海鮮市場 おらが大将
周辺のお店のネット予約:
焼鳥酒場 鳥王のコース一覧
魚民 鳴門駅前店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 鳴門×鉄板焼き
情報掲載日:2017年11月26日

 

食後の運動で、近くの海辺でひと暴れ。
後ろに見えるのは大鳴門橋です。
いつ来ても貸切の浜辺の気持ちいいこと。

 

一緒に走ってくれてるかなぁ。

 

ということで、ここからは大阪まで2時間弱。

楽しい旅は終わりました。

キャンピングカー旅でわかったこと

車中泊はマイカーの日産キャラバンNV350で何度もして来ました。

 

それはそれなりに楽しいものです。
が、実際キャンピングカーで旅をしてみると、そのちがいは歴然です。

絶対欲しいサブバッテリーシステム

エンジンを切っても電源が使えるサブバッテリーシステム。

 

これが一番大きいでしょう。

高速のサービスエリアでは多くの長距離トラックがエンジンをかけっぱなしで仮眠していますから、そんなに気は遣いません。

でも道の駅でエンジンをかけっぱなしはマナー違反と認識しています。
車内でもエンジン音は結構気になりますしね。

サブバッテリーシステムがあることで、冷蔵庫は24時間稼働、夜はテレビにヒーターに室内灯に換気扇。
それだけ使っても50%ほどの残量がありました。

そうだ。
スマホやモバイルバッテリーの充電もしました。

結論、サブバッテリーシステムは車中泊には必要。

テーブルの重要性

これも使ってみて初めて分かります。

 

食べたり飲んだり、読んだり書いたり。
シンク側の台もそうです。

 

野菜を切ったり犬たちのご飯用意したり、まさにシンク。
この作業が車内でできるのは大きいです。

思っていた以上に冷えた冷蔵庫

 

普段の車中泊ではクーラーボックスに氷を入れて使ってます。
そこそこ冷えますし、それで十分だろうと思ってました。

実際は、とんでもない実力差。
これほど重宝するとは思いませんでしたね。

特に2泊以上する場合、あるとないでは大違いでしょう。

テレビは必要か

 

車中泊の場所によっては全く映らないテレビ。
DVDプレーヤーで映画を楽しむことはできます。

でも映画ならAmazonプライムでダウンロードしてタブレットでも楽しめます。

でもテレビ放送が観れるというのは楽しいんですよね。

FFヒーターの実力

エンジンを切った状態でも稼働するFFヒーター。
ガソリンを利用するシステムで、一晩使いっぱなしで2リットルほど使います。

これが暑いくらい効きます。
冬場は本当に助かります。

サブバッテリーシステムと一緒にマイカーに装備してみようかと調べてみましたら・・・

高い!

20万円以上します。
ひー。

そこでまた調べましたら・・・

カセットガスファンヒーター風暖

おおお・・・これだー。

 

レビューを見まくり、即買いしてしまいました。
カセットガスコンロでおなじみのイワタニ産業から出てるこれ。

 

カセットガスボンベで稼働します。
炎の熱から電気を生み出すシステムで、電池もいらないんですって。

 

あちらこちら調べても、車中泊での評判はかなり高いです。

 

12月に浜松までサブバッテリーシステムの相談に行くので、その時の車中泊で使ってまたレビュー記事書きます。

絶対欲しいものベスト5

第1位:サブバッテリーシステム

第2位:テーブル

第3位:ヒーター(できればエンジンを切って使えるクーラーも)

第4位:冷蔵庫

第5位:テレビ

サブバッテリーシステムさえあれば、なんとでもなりそうです。

 

まとめ

今回お世話になったR36さんにこのブログのことを言いました。

するとなんと、「はじまる.comを見て来ました」と言うと割引してくれるそうです。

🔜  大阪・堺発のキャンピングカーレンタル R36(アールサンロク)

一報いただければ、管理人からR36さんへ一言添えることも可能です。

一報はこちらから🔜  お問い合わせ | はじまる.com

皆さんも是非一度、キャンピングカー旅を体験してください。

新しい世界が見つかります。
来年また行こう。

2018/2/4追記

このブログの車中泊カテゴリーを新ブログとして独立させました。

これ  車中泊.LOVE

今後、車中泊に関する記事はそちらへ書きます。
こちらと併せて、これからもよろしくお願いします。

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。
記事が少しでもお役に立ちましたなら、
下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸