禁煙で年10万節約!おすすめ電子たばこエミリミニプラス(EMILI MINI+)とは〜レビュー

おすすめ

【最終更新日2018/7/9】

この記事を書いた人
はじ丸(Kazuo Ando)

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2017年後半から仕事の合間を縫ってブログ運営を始めました。

フォローする

こんにちは、過去2度禁煙に失敗した管理人のはじ丸(@hajimaru2017)です。

1度目は約半年、2度目は1年ちょっと続いたのですが、ダメでした。

そして、ふと目にした「電子タバコで1年約10万円の節約!」という記事をみて俄然ヤル気が出て、3回目の挑戦。

Advertisements

EMILI MINI+(エミリミニプラス)を買ってみた

早速ネットで比較しまして。
見つけました。
楽天市場ですごく安いの。

 

普通に買うと本体価格だけで4,980円になっているところが多いのですが、リキッド(これが煙の原料みたいなものです)が10本ついて4,980円という超お得なのを見つけたのです。

リキッド10本は通常1,980円、それがサービスでついてきます。
しかもフレーバー(香りですね)も選べるってことで、これはもうここで買うしかありません。↓

 

追記:アマゾンとヤフーでも同じ価格で売ってました。↓

 

追記

Amazonでお得なチャージキャンペーン(2018年版)中なので、これを利用すれば1,000円浮きます!
これ icon-hand-o-right  Amazonチャージ購入で1000ポイントキャンペーン〜手続きに要注意! | はじまる.com

 

人気で1週間ほど待つことになりましたが、無事届きました。

 

 

左が本体で右がリキッド。
今まで吸っていたタバコがメンソールだったので、リキッドもメンソールばかり10本にしました。

◆ここでエラー
フレーバー選び放題なんだから、サービスでついてくるうちに色々試せばよかった……

 

早速開封。

 

ほほお。このケースに2本入っているのか。
ケースに入れた状態でUSB充電するようになっているそうです。

ここで注意
説明書等は一切入っていません。ネットで調べながらやりました。

 

読者の皆さんが他のサイト見なくていいように、なるべくここで済むように頑張って書きます。
ケースを開けてみました。
矢印が書いてある方向へスライドすると開きます。

これが電子タバコ、エミリミニプラスです。

 

なんとなくサイズ感わかっていただけるでしょうか。
タバコより少し長くて少し太い感じです。

携帯ケースの底に同梱の充電ケーブルを挿すところがあります。

 

説明書がないので、初めから充電されているのかどうかもわかりませんでしたので、とりあえず充電を開始。
パソコンのUSBポートに繋いで充電します。

 

◆ここでも注意
充電ケーブルはついてきますが、コンセントにさすアダプターはついていません。パソコンのUSBポートから充電するか、iPhoneなどスマホやタブレットの充電アダプターを代用しましょう。

 

毎度ながら、日本製品のサービスに慣れている管理人としてはアメリカ製品のサービスの淡白さは馴染めません。
アップル社にちょっと慣らされてきた感じはするけど。

はい、パソコンに挿して充電開始。

 

青く光りました。
これが消えたら充電完了だそうです。
ちなみに2本入ってますが、この青い光はそれぞれの充電状態を表しています。
充電ができた方から消えます。

15分ほどで消えました。
充電した状態で入っていたようです。
ちなみに、充電のない状態でも満充電まで1時間半もかかりませんでした。

次はリキッドの開封です。

 

1本ずつ箱に入っています。

 

 

◆ここでエラー
回しても回しても開かないんですよ。左に回したり、右に回したり、力づくで引っ張ったりしましたが開かないのでネットで調べました。フタをグッと押し込みながら回すんだそうです。チャイルドロックなんですて。

 

で、無事開きました。

 

リキッドを本体に入れていきます。

本体のガラスの部分の上部を外します。
ネジになってますのでこれは回せば普通に取れました。
パッキンがついてるので少し引っかかる感じはありますが。

 

で、この芯とガラスの隙間に、リキッドの先っちょを挿してリキッドを入れていくわけです。

矢印の部分。

 

わかりにくいかな。

こんな感じです。
写真を撮るので片手で持っていますが。
プルプルしました。

 

アップ。

 

ここまで挿して入れていきます。

 

◆ここで要注意!
リキッドは7分目までにしてください。いっぱい入れてしまうと液漏れを起こす可能性があるそうです。液漏れって、つまり吸ってたら液が口に入ってくるんだそうです。

 

小心者の管理人は6分目にしています。

 

リキッドを入れたら、蓋をして完成です。

 

この蓋側から吸います。

一つ前のタイプはスイッチを押しながら吸わないといけなかったそうですが、このタイプからは吸うと自動的にスイッチが入るようになったそうです。

さぁ、いよいよ吸ってみます。
吸いながら自分で撮るのがむつかしすぎて写真が撮れませんでした。

吸うと先っちょが青く光ります。
そして何より……

煙めっちゃ出る

想像以上でした。

1ミリの超軽いタバコを吸っている感じです。
思っていた以上に吸ってる感があります。

これ、間違いなく禁煙できる……。



EMILI MINI+(エミリミニプラス)を愛用してみた

想像以上の吸ってる感覚が得られることに禁煙成功を確信し、愛用し始めて1ヶ月。

まず気になるコスト面について検証してみます。

 

年間10万円節約ってホント?

ある意味、これが本当かどうかを一番検証して見たかったんです。

初期費用は、購入金額の4,980円です。

 

 

追記:アマゾン、ヤフーでも同じ価格でありました。

 

でも大事なのはランニングコストですね。

 

ランニングコスト

リキッド10個で1,980円なので1つ198円、200円として計算します。

 

1日16時間起きていて1箱吸っていたとします。
そのペースで行くと、だいたい50分に1本なんですね。

エミリちゃんの前に、タバコの方で実際に測ったのですが、1回の喫煙で吸引回数10回、2分30秒ほどでした。
そこで、ほぼ同じペースでエミリちゃんを吸ってみました。

するとだいたい1日でリキッドを1本消費することがわかりました。

タバコ1箱が420円。
リキッド1本が100円。
1日のコスト、差額320円。

なんと1年で116,800円!

ぐわー

初期費用を差し引いて111,820円。
それから、アトマイザー交換(後述します)の必要があります。
アトマイザーが1つ1,000円、1ヶ月毎の交換で年間12,000円。

それを差し引くと99,820円。
タバコからエミリちゃんに切り替えで10万円節約の噂は本当でした。

 

EMILI MINI+のメリット

本体価格が安い

日本で電子タバコといえばIQOS(アイコス)が有名ですが、本体価格が9,980円。

それに比べるとリキッド10本付きで4,980円ですので、本体価格は半額と考えていいでしょう。

 

フレーバーの種類が多い

28種類あります。

タバコ系
・ USA MIX ・セブン ・メンソール ・ミント ・アイスミントフルーツ系
・ストロベリー ・アップル ・ブルーベリー ・グレープ ・ピーチ ・ミックスフルーツ ・レモン ・ローズ ・メロン ・マンゴードリンク系
・レッドブル ・メンソールレッドブル ・ミルク ・コーラ ・コーヒー ・コエンザイムQ10スイーツ系
・バニラ ・チョコレート ・ティラミス ・ココナッツ ・キャラメル ・ヨーグルト ・ハチミツ

フレーバーが安い

なくなったらランダムに10本入っていて1,980円のこれがお得です。↓

 

フレーバーはこの会社のものにこだわる必要はなく、日本製のものもあります。
レビューを見てみると、なんとなく日本製の方が安心感がある気がします。

なんとなく。

 

吸うだけでスイッチが入る

先に書きましたが、スイッチボタンを押さなくてもいいようになっています。
タバコと同じ感覚で吸えます。

 

どこでも置けて灰皿がいらない

当たり前のことなんですが、実際使ってみるとこれが非常にありがたいのです。
何も気にせず、ポンと置ける。
鼻息で灰が飛び散り汚れることもありません。

 

充電が早い

満充電すると約1日持ちますが、充電時間は1時間半でお釣りがきます。

 

火を使わないので安全

これも当たり前のようですが、特にこれからの私たち世代にはとても大事なことではないでしょうか。

 

満足感のある煙量

とにかくその煙量に驚きました。
見た目も普通のタバコを吸った時と同じくらい、もわ〜っと出ます。
周りから見たらタバコを吸っているようにしか見えないと思います。

 

家の中でも気にせず吸える

ヤニで汚れることがありませんから、家の中でも気にせずに吸えます。
社会問題化していますが、ベランダに出る必要もありません。

 

持ち運びしやすい

軽量でサイズも小さく、携帯性に優れています。

 

EMILI MINI+のデメリット

都度の充電が必要

2本入っていますので、どれだけ吸っても1日は持ちますが、なくなるたびにUSB接続して充電をしなければいけない手間がかかります。

 

追記:
夜3時間ほど居酒屋に行っただけで充電よりもリキッドが一気に失くなります。
リキッドを8分目ほど入れて持参してです。
たしかに過去、居酒屋などではタバコ量も増えていましたから、同じ感覚で吸うとそうなります。

1ヶ月ちょっと使ってみた実感として、詰め替え用リキッドは要携帯です。

 

タバコより少し重い

1本を比べた場合、タバコより明らかに重く、くわえタバコで作業をするには少し無理があります。

 

吸い終えるタイミングがわからない

タバコのように視覚で確認できません。
どこで止めるか。
回数か時間か、どちらか自分でルールを決めておくことをオススメします。
管理人の場合、パソコンで作業中、1〜2回吸っては置き、また吸っては置きみたいな吸い方をよくするようになりました。

 

衛生面が気になるかも

1本ずつ吸い捨てではないので、吸引口側の衛生面に少し気を遣います。
エタノールで消毒とまでいかなくとも、除菌シートを携帯しておき、定期的に拭くのがいいでしょう。

 

メンテナンスが必要

1週間に1度ほど、分解してリキッドを入れるガラス容器を洗浄する必要があります。
分解は簡単、30秒もかかりません。

この部分↓(アトマイザーといいます)

 

お湯につけ置き洗いでいいようです。

濡れた状態のまま組み立てをしてしまうと他の部品が錆びてしまい、本体に水分が入って故障の原因になることがあるので洗浄した後はタオル等で水分をとり、しばらく乾燥させておく方がいいでしょう。

めんどくさいので、デメリットの方に入れました。

追記:洗浄方法について、別途下に書きました。

 

リキッドが入れにくい

上のレビューで写真も載せましたが、入れるところが狭いのでとにかく入れにくいです。
リキッドもかなり強めにぎゅーっと押さえないと出てきません。
なんとかもう少し改善してほしいですね。

 

アトマイザーの交換が必要

1ヶ月ほど吸っていると、少し焦げ臭さを感じたり、透明のリキッドが茶色く濁ってきます。
これがアトマイザー交換のサインです。

こちらもネットショップで買うことになります。
今までのエミリミニとは仕様が変わっていますので、エミリミニプラス専用を買う必要があります。

これは楽天(一番安かったので)↓

 

ただ、マメに洗っていると少しでも長持ちさせて使えるというので、管理人は4〜5日に1度は洗浄しています。

その洗浄方法をご紹介しておきます。

 

アトマイザーの洗浄方法

管理人は週に1度洗浄していますが、洗浄する時期は吸う頻度により異なります。
いつ洗浄すればいいのか、まずはそのサインをいくつか。

 

リキッドの種類を変える時

リキッドが混ざると故障するわけではありませんが、風味が変わってしまいます。

できればリキッドを交換するときは洗浄してください。

洗うのが面倒であれば、アトマイザーだけ別に購入しておいて、リキッドごとに使い分けると便利です。

保管するとき

しばらく使わない場合、吸った途中のリキッドを残したまま保管することは衛生的ではありません。

リキッドもアトマイザーにこびりついてしまいますので、洗浄してから保管するようにしてください。

 

風味が変わったとき

交換時期と洗浄時期の区別が難しいんですけど。

なんだか風味が変わったな・・・というときは一度洗浄してみてください。
復活することが多いです。

焦げ臭くなったときは、もう交換してください。
明らかに、風味に焦げ臭さが混じります。

 

洗浄方法

①アトマイザーを本体から取り外します。ネジ式ですので簡単に外れます。

 

②キャップ(吸い口)を外します。こちらもネジ式です。

 

③ガラス部分を外します。ゆっくり回しながら引き抜くと取れます。

 

④つけ洗いする感じで、洗浄します。

この3つを、ぬるま湯で洗浄します。↓

 

管理人は、ぐい飲みのお猪口に入れて、しばらくつけおきした後、ぐるぐる指で回して洗ってます。

 

◆注意
ついめんどくさくてそのまま洗面台で洗って
落として危うく流してしまいそうになりました。

 

⑤水分をよく拭き取り乾かします。

特にこのバッテリーとの接触部分。

 

内部に水が残っていると故障の原因になりますので注意してください。

綿棒を使うと速いです。

 

⑥逆の手順で組み立てます。

ガラス部分の内側にリキッド漏れ防止シリコンがついています。

 

無理やり押し込んで壊さないようにゆっくり装着してください。
破損すると、リキッド漏れを起こします。

 

これで、洗浄完了です。

 

まとめ

まだまだ尻の青い若造シニア世代も、若いシニア世代、シニア世代の皆さんも健康が一番の関心ごとであることは、以前ご挨拶の記事でも書かせていただきました。

▶︎「はじまる.com」について | はじまる.com

 

「電子タバコは発がん性物質を含んでいるから健康に良くない」という記事も目にします。
でもどうでしょう。
タバコに比べたら全然マシ。
そして何より、周囲に迷惑をかける心配がありません。

さらに年間10万円ほどの節約になる。
喫煙家のシニアの皆さん、一度は禁煙に挑戦されたことがあるのではないでしょうか。

エミリミニプラスの出現で管理人が一念発起したように、今一度挑戦されてみてはいかがでしょう。
まずは節煙からでも十分メリットはあるはずです。
この記事を見つけたのも、そういうご縁かもしれませんよ。

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。
記事が少しでもお役に立ちましたなら、
下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸