仕事効率化でiPhone+Ewin折畳式Bluetoothキーボード〜コスパ最強?中国製だけど大丈夫?

おすすめ





この記事を書いた人
はじ丸

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2017年後半から仕事の合間を縫ってブログ運営を始めました。

フォローする

 

こんにちは、はじ丸(@hajimaru2017)です。

ノートパソコンはもちろんのこと、もっと手軽に持ち運べるようにと買ったiPadやタブレットもやっぱり重い。

必然的にスマホの利用頻度が高くなるわけですが、おっさんはどうもスマホでの長文入力が苦手なんですよ。

若者たちの、あの猛烈なスピードでのフリック入力芸、とてもじゃありませんが真似できません。

メールやSNSだけでなく、ブログや書類作成などもスマホでできればどれだけ効率的か。

そのためには、若者のようにスマホでスイスイ長文入力をする必要があります。

そこでBluetooth接続できる折畳式キーボードを買おうと決め、Amazonの評価をじっくり観察し、「Ewinの新型 Bluetoothキーボード」を購入しました。

 

購入に至ったポイント

  • 価格が安い(三千円ちょっと)
  • 超軽くコンパクト
  • アマゾンの評価がめちゃ高かった

気になったことがないでもなかったんですけど。

気になったポイント

  • どうやら中国製だ・・・
  • US配列しかない
  • ショートカットキーは使えるのか

でもその安さに思わずポチッとしまして。

そのレビューです。

Advertisements

EWIN折りたたみ式キーボード

購入のポチッとした翌日、届きました。

 

明朝体の日本語表記がいかにも中国ぽいですね。

 

はじ丸
はじ丸

怪しい・・・ああ不安・・・

 

保証書と一緒に、ちゃんと日本語の説明書が付いています。

ご丁寧にご挨拶まで。

 

はじ丸
はじ丸

ふむふむ、なかなか好感は持てる

 

と思いながら、まだ信用していません。

なにせ、中国製品にはいろいろ思い出がありますもんで。

これ icon-hand-o-right  suaokiポータブル電源リコールでACアダプター交換〜中国の会社相手で困った経緯 | はじまる.com

 

出てきました。レザー風でこれまたいい感じです。

 

はじ丸
はじ丸

騙されるもんか・・・

 

と、ほんとに思ってます。トラウマで疑い深いったらありません。それなら買わなきゃいいのに。笑

折畳式のスマホスタンドも付いています。

キーボードも開いて、並べてみました。角度を調整できるようになっています。

 

スマホを置いてみました。

愛車のオイル交換中に待合室で撮ったもので、ごちゃごちゃ写っててすいません。

 

iPad Pro(10.5インチ)も持っていたので、並べてみます。おもちゃ買ってもらって喜んでる子供みたいです。

 

スマホと接続してみました。

左上のボタン長押しで一発です。

 

メモでテストしてみましたら、スイスイ書けてなかなか快適です。

 

メリット

まずメリットから挙げてみます。

価格が安い

アマゾンのタイムセールを狙って買ったので3千円ちょっとで買えました。

一時期購入を悩んでいた(結局買わなかったんですけど)、スマートキーボードの6分の1ほどです。

 

手軽さが秀逸

157gと軽くて、サイズも小さくジャケットの内ポケットはもちろん、ワイシャツの胸ポケットにも入ります。

ほら。

 

カバンに入れても全く気にならない重さだと思います。

この大きさにも関わらず、フル充電で連続使用60時間、スタンバイ220時間。(と書いてあります)

充電時間は2〜3時間。充電ケーブルは汎用性のあるこのタイプです。↓

 

実際どうかは、しばらく使ってみてまた追記します。

 

静音

打鍵感はしっかりありますが、打鍵音がとても静かです。

他人のカタカタとうるさい打鍵音は、例えば新幹線内だとか、カフェだとか、意外とうっとおしいですもんね。

できるだけ静かなのがいいと考えてましたが、想定以上の静音で、ある意味ここが一番気に入りました。

 

メールや書類の長文入力にもってこいの全画面表示

長文のメール返信や書類作成が手軽にできるのは当然なんですけど、全画面が使えるというのが思いの外ストレスがないんですよね。

たとえばメールの場合、通常の入力画面はこんなのですよね。

 

これが、キーボードに接続した状態だと、こうなります。

 

メモアプリだと、これが

 

こんなに広くなるという。

 

これは便利です。



ブログの下書きなどにも便利

以前ブログの書き方記事で書いたんですが

これ icon-hand-o-right  ブログ素材の集め方から下書きまで〜iPhoneとiPadを超便利に使う方法 | はじまる.com

 

ブログのアイデアなど素材は、メールアプリの下書きに貯めるようにしています。

ブログアイデアは箇条書きで短文、しかも思いついた時にパッと書くので、フリック入力を使って書くのが速いですよね。

でも下書きは長文になるので、iPad Proでエディタアプリ「Ulysses」を使って書いてました。

関連 icon-hand-o-right  iPad Proを使ってオフラインでブログを書く〜超便利アプリ「Ulysses」 | はじまる.com

 

これをスマホで書けるようになります。

最終仕上げはパソコンで整えるだけなのは一緒。

これで更新頻度は確実に上がるでしょう。たぶん。

 

ショートカットキーは基本変わらない

気になっていたショートカットキーですが、コピー(command+c)、切り取り(command+x)、ペースト(command+v)、スクリーンショット(command+shift+4)など、作業はMacで使っているものと同じでした。

iOS対応だから当然と言えば当然でしょうか。

これで慣れきっているので、よかったです。ま、その4つくらいしか使わないんですけど。w

 

iPadでも使える〜スマートキーボードはもう不要

当たり前ですね。

今使っているカバーもそのまま使えるので、Apple Pencilもそのまま挿せるのが嬉しいです。

 

スマートキーボードにすると、Apple Pencilホルダーがないので、カバーをそれ用にしないといけないんですよね。

もうスマートキーボードは要りませんけど。

ちなみに、iOS以外、Androidにも対応しているようです。持っていないので試せませんが。

 

便利な省エネ仕様

早速、長文入力に使ってみたのですが、途中で数回Bluetooth接続が切れるじゃないですか。

 

はじ丸
はじ丸

うわ・・・でた・・・や・やっぱりか・・・(T_T)

 

と思ったら、これ省エネ仕様で、無操作の状態が数分続くとスリープモードになり接続が切れるようになっているだけでした。

いずれかのキーを押すとすぐ復活します。これすごく便利。

中国製というだけですぐ疑心暗鬼になって・・・メーカーさん、すいません。

 

デメリット

デメリットというか、ちょっと気になりました。

Enterキーがかなり小さい

写真で見てもらえば、一目瞭然です。

shiftキーの半分くらいしかありません。

US配列だから仕方ないのでしょうが。

 

真ん中で折れるから?キーが歪

これも画像で。

 

特にY・・・ちっちゃ!

 

慣れる必要がある

使ってみて、最初はかなり違和感がありました。

打鍵感はいいのに、もったいないかな。

 

結論(まとめ)

この価格でこのパフォーマンスは間違いなく買いです。

スマートキーボードを買わなくてよかったと思いました。

スマホをメインに使うつもりですが、存外iPad Proでも使うかも。

 

折畳式キーボードは他にもアマゾンの評価が高いものもありました。

たとえば「iClever」のこれも、相当評価が高い。

 

でも千円以上高いんですよね。

機能的には大差ありません。

コスパで、「Ewin」に軍パイが上がった次第です。

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

記事が少しでもお役に立ちましたなら、

下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸