ブログを書けないときは、ブログではなく手紙にするとスラスラ書ける

ブログを書く





この記事を書いた人
はじ丸

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2017年後半から仕事の合間を縫ってブログ運営を始めました。

フォローする

 

こんにちは、はじ丸(@hajimaru2017)です。

ペルソナという言葉をご存知でしょうか。

ブログにおけるペルソナ=架空の人物として定義した読者のことです。

この記事は、特定(一人)のペルソナに向けて書きます。

 

この記事のペルソナ

  • ブログを始めて1年未満
  • 書いた記事100記事未満
  • アドセンスなどアフィリ収益月5万円くらい
  • 絶賛書けないスランプ中

 

実はこれ、つい先日の自分なんです。

アドセンス収益がようやく1万円/月をコンスタントに超えるようになりました。

Amazonも1万円/月、楽天とその他ASPで3万円/月で収益が月5万円ほど。

SEOに対する知識もある程度わかってきたつもりです。

 

さぁ、あとはひたすら記事を増やしていくだけ。

ところが書こうとすると、PCの前で固まってしまって筆が進まないというスランプ状態に陥りまして。

インプットを増やしたり、外に出てみたり、掃除をしてみたり、あれこれ試したのですが効果がありません。

原因は何か、こうなったらとことん探ってやろうと自問自答した結果、わかりました。

Advertisements

大勢に向けて書くから書けない

たくさんの人に伝わる文章を書こうと、構えすぎていたんです。

1日1000PV行くか行かないか程度の弱小ブログなのに。笑

 

先日、お客さんから愛犬のしつけに関する相談を受けたので、その人に読んでいただくために記事を書いたのですが、スランプが嘘のようにスラスラ書けること書けること。

この記事 icon-hand-o-right  チャイム音で吠える&噛む犬のしつけはハウストレーニングで解決する | はじまる.com

チャイム音で吠える&噛む犬のしつけはハウストレーニングで解決する
チャイムに対する吠えはトイレの悩みに次ぐ多いご相談のひとつです。実際お家に行って見せてもらうと目ん玉が飛び出しそうなくらい興奮して吠えている子が多くいます。吠えには大きく分けて2つあります。攻撃系と報告系です。どちらも縄張りに不審者が入ってきている警戒からの行動。これを解決する方法は2つ。ひとつは来客は敵ではないと教えること。もうひとつは縄張りを狭くすることです。ここで必要なのがハウストレーニング

 

上記記事のペルソナは、「チャイム音で吠える愛犬に困っている人」ですが、管理人は直接相談を受けたそのお客さんに向けて書きました。

つまり、特定の1人にペルソナが具体化されたわけです。

 

さらに具体化されたペルソナチャイム音で吠える愛犬に困っている人

↓↓

チャイム音で吠える愛犬→ ミニチュアダックス(知ってる子)

困っている人→ 一人暮らしの女性(知ってる人w)

するとどうでしょう。

肩の荷が下りたというか、楽に書き上げることができました。

ペルソナを細かく設定することの重要性を再認識したんです。

 

一人に向けて書く

ブログを書こうとするからいけないんです。

特定の一人に向けて、手紙を書くと思えばいい。

内容は、相談事への返事です。

相手を知り(ペルソナ)、悩みを聞き(クエリ)、答えを書く(手紙=記事)。

そうすることで、自分でも驚くほど自然体で書くことができました。

 

丁寧に手紙を書けばSEO対策になる

他人の手紙を読んで見たい願望って、あるじゃないですか。

広報誌なんかより、○○さんが○○さんに宛てて書いた手紙、の方が圧倒的に興味がわく。

明確な誰かをイメージして書いた記事は、手紙並みに”伝える力”があります。

間違いなく、読み手を惹きつけるんですよ。

 

さらにその人のために、

はじ丸
はじ丸

この記事もぜひ読んでおいてね

となると・・・

内部リンク

SEO対策でと、関係のない記事のリンクをペタペタ貼るようなことはしませんよね。

その人のためになる記事のリンクを貼るじゃないですか。

自分本位じゃなくて、あくまでも相手のためになることを考えます。

これ大事ですよね。

その人のためになっていたなら、その人はきっとその記事も見に行ってくれます。

SEOで大事なのは滞在時間と回遊率ですから。

 

ファン作り

何より内容が大事です。

ダラダラ長文を書いても気持ちは伝わりません。

手紙は、伝えたいことを簡潔にわかりやすく、読みやすく書くことに注力しますよね。

なんとかわかってもらおう、伝えようと一生懸命書いてるうちに、ノッてきて熱くなりすぎたりして。

でもそれは、ファン作りに繋がるはずです。

 

はじ丸
はじ丸

ブログ論そのままやないかいさ



まとめ

「こんなこと書いていいのかな・・・」

「この書き方はもう一つだな・・・」

など、読者の反応を考えすぎると、どんどん書けなくなっていきます。

個人に宛てた手紙なら、伝えたいことを書くだけですから余分なことは考えません。

 

検索順位に一喜一憂することより、コツコツ書き続けることが重要なんです。

そのためには、「さぁブログを書くぞ!」ではなく、「手紙でも書こうかなぁ」と、肩の力を抜くのはとても効果があります。

もし、書けないスランプに陥ったら、この記事を思い出してください。

きっと復活するはずです。

と、そのうちまたスランプが来るだろう自分(この記事のペルソナ)に向けて書いてみる。

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

記事が少しでもお役に立ちましたなら、

下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸