【初公開】累計100万部間近〜ベストセラー作家の執筆部屋訪問記

エッセイ・コラム





この記事を書いた人
はじ丸(Kazuo Ando)

ドッグサロン経営の傍、大学等でペットビジネス経営学とペット社会学講座の講師をしています。
著書:愛犬と「幸せ家族」になる方法〜PHP文庫
2017年後半から仕事の合間を縫ってブログ運営を始めました。

フォローする

こんにちは、はじ丸(@hajimaru2017)です。

ベストセラー時代小説「本所おけら長屋」シリーズの著者畠山健二氏の新執筆部屋訪問をしてきました。(管理人が出版できたのもこの先生のおかげです)↓

企画から出版まで〜素人が大手出版社から本を出せた方法を公開します | はじまる.com

企画から出版まで〜素人が大手出版社から本を出せた方法を公開します
作家でもライターでもない管理人が、どういう流れで出版できるようになったのか。 出版をしたいと考えておられる皆さんに少しでも参考になればと、出版・・・ 目次 出版のきっかけ 千載一遇のチャンス 出版社のネタ探し+縁の力 出版までの流れ 企画書用資料の用意 執筆開始 編集者との打合せ 入稿〜ゲラ版完成 校正作業 印刷〜出版 驚いた印税の仕組み

 

今年(2019年)中には、累計100万部突破がまちがいない本所おけら長屋シリーズ。

氏がガバガバ湧いてくる印税で執筆部屋を新たに購入したと聞き、先日(といっても昨年ですけど)東京出張の折、お祝いがてらお邪魔しました。

ベストセラー作家の執筆部屋を見る機会なんてなかなかありません。

この記事では、その様子を公開します。

Advertisements

畠山健二著〜本所おけら長屋シリーズ

写真のオビでは累計65万部になってますが、すでに70万部超えてます。

すごい勢いです。

物語は・・・

お江戸は本所亀沢町にある貧乏長屋。万造、松吉の「万松」コンビを筆頭に、左官の八五郎・お里夫婦や後家女のお染、 浪人の島田鉄斎ら個性的な面々が住んでいる。人情とお節介で下町界隈でも名高い「おけら長屋」では、今日も笑いと涙 の“珍”騒動が巻き起こって……。
畠山健二「本所おけら長屋シリーズ」|PHP文芸文庫|PHP研究所

 

大人気で、あちらこちらの本屋さんで平積み展開。

 

ちなみに拙著なんてほら、巨大ブックセンターで、かろうじて棚差しです。

 

基本、お取り寄せになります。現実は厳しいですね。

現代の本屋冬の時代に100万部、これは化け物です。

執筆部屋へ

作家先生自ら、東京駅まで愛車で迎えに来てくださいました。

車種は書きませんが、特徴のあるこのダッシュボード、わかる人にはわかると思います。

 

マンションに到着すると

畠山健二氏
畠山健二氏

3分だけ待っといてくれ

 

とのことで、待っているとしばらくして中から

畠山健二氏
畠山健二氏

どうぞーー!

 

と叫ぶ声。ドアを開けると……

 

照明をセットしていたみたいで・・・しかも、この写真を撮れと・・・

笑いに命をかけてる人ですから、一日中こんなことばかり考えてます。
そういう人です。

ベストセラー作家の部屋はさぞかし本だらけなんだろうと想像していましたら、書籍類はなんとこれだけ。

 

しかもご丁寧に拙著まで飾ってくれています。
そういう人なんです。

 

お祝いの花。

よく見てくださいね。

 

わざわざ自分で書いたそうです。
何度も言いますが、そういう人なんです。

出版社との打ち合わせ部屋。たぶん。(この日は宴会部屋になりましたけど)



知っている限り、一昨年まで執筆は手書き原稿だったハズですが、なんと最新型のパソコンが置いてあるじゃないですか。

昨年からWordで書き出したんですと。

 

そりゃ便利ですもんね。
パソコンでの作業を覚えてしまったら、もう手書き原稿には戻れませんね。
少し残念な気がしないでもないですけど。

でもまだ慣れていないようで、弟子のライター女史が立場逆転、師匠になってます。

 

お客が来た時は、男の手料理を振る舞うのがしきたりだそうで、この日もいろいろ出していただきました。

大葉のスパゲティ。

 

ご自慢のスジ煮込み。

 

他にもいろいろ出していただいたのですが、美味くて呑んで食べる方に必死になり写真撮り忘れました。

予定通り酔っ払ったこの日は、そのままお泊りまでさせていただきます。

そして朝、まな板と包丁の奏でる「トントントントン」という、心地よい音で目覚めました。

見るとなんと、テーブルの上には朝ごはんが・・・

 

はじ丸
はじ丸

愛妻か・・・

最後に

作家先生の執筆部屋といえば、山積みになった本と原稿の山に埋もれそうになりながら、カリカリ書いているイメージだったんですが、ぜんぜん。

大ベストセラー作家執筆部屋の実際は、想像していたよりずっと綺麗でシンプルでした。

呑みながら話している時に氏がひと言。

畠山健二氏
畠山健二氏

前の狭い部屋の方が集中できたなぁ・・・

 

なるほど、なんだかものすごくわかる気がします。

はじ丸
はじ丸

うちは狭くて良かったよ。(笑)

 

義理と人情に熱く、お笑いに命をかけている畠山健二先生だからこそ、こんな小説が書けるんです。

すべての物語が笑いに包まれ、随所で泣かされます。

超オススメです。やっぱりAmazonがKindle版もあって便利。最新刊↓

そうそう、アマゾンの超お得キャンペーン、2019年も引き続きやってました。↓

これ icon-hand-o-right  Amazonチャージ購入で1000ポイントキャンペーン〜手続きに要注意! | はじまる.com

ついでに拙著の宣伝も。↓

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

記事が少しでもお役に立ちましたなら、

下のSNSボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

はじ丸